LOOKペダル、カーボンバネの交換方法

P_20150616_153545[1]

ルックのビンディングペダルは、スプリングにカーボンバネを使用しています。このカーボンバネの弾性で、固定の硬さが決まります。黄色(12Nm)が普通、赤(16Nm)が硬い、青(20Nm)が凄く硬い。今回、から黄色に交換します。

P_20150616_155339[1]

先にネタバレしますが、このような構造です。それでは交換しましょう。

P_20150616_154128[1]

ペダルのカカトの左右にトルクスネジがあります。外側がT10、内側がT8です。T10を挿して供回りを防ぎつつ、T8のほうのネジを緩めていきます。T8というのはかなり珍しいサイズですね。

P_20150616_154254[1]

すると、緩んでネジの頭が出てくるので、ここを軽くプラハンで叩くと、

P_20150616_154459[1]

反対側のネジの頭が出てきます。

P_20150616_154546[1]

これを引っ張って抜き取ります。この長い金属がシャフトとなっているのですね。

P_20150616_154609[1]

すると下のパーツが外れるので、カーボンプレートもフリーとなります。

P_20150616_154631[1]

取り出しました。万が一、カーボンテンションスプリングが割れたとしても、このように交換可能というわけです。ちなみに、外側に細いカーボンバネが挿入されている旧型のタイプでも同じです。

P_20150616_155014[1]

黄色と比較。手で曲げようとすると、黄色わずかにタワみますが、まったくタワむ感じがしませんクリートを外すのも結構大変です。

P_20150616_160841[1]

黄色のカーボンバネに入れ替え、元に戻して完了です。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です