EMONDA SL5 最新モデルが入荷しました!他にも色々…!!

最新モデルの、エモンダ入って来ました~!


マットブラックの渋い一台です!

2018モデルのSL5のスペックは以下の通りです。

フレーム OCLV500カーボン
フォーク アルミコラム、カーボンフォーク
コンポーネント SHIMANO105 5800シリーズ
ブレーキ SHIMANO 105 5810
ホイール bontrager TLR

税込定価 ¥230,040

去年より¥68960値下がりしてますやん!!!

何が変わったのか…組んでる最中に色々気付いた点を紹介していきます!!

2018年モデルのEMONDAは去年のモデルから3箇所ほどマイナーチェンジされてましたので、紹介していきます!

まず一つ目はシートマストキャップの素材がカーボンからアルミに変わっています。

コストダウンですかね、少しばかり重量は重くまりましたが、幸いにもハイエンドと規格は一緒なので、不満が出てきたころに軽量なカーボンのモノに交換してもいいかもしれません!

続いて二つ目は目立たないところですが、フォークコラムがアルミに変更されています。

左がカーボンコラム、右がSL5のアルミコラムです。

ココがアルミに変わることで、重量は重くなりますね、ここもコストダウンのためでしょうか…

まあフレームは変わらずOCLV500で作られていて、去年のモデルより販売価格も下がっているのを考慮したら、十分な出来には間違いありません!

今回のマイナーチェンジはコストダウンだけか~と思ったらちゃんと良くなってる点もありましたよ!

最後の変更点はブレーキキャリパーがダイレクトマウントタイプになっています!

もちろん105が付いています!

ダイレクトマウントは、普通のキャリパーと違い、二本のボルトでマウントしブレーキシューからボルトまでの距離が短いため、アーム剛性がカッチリしています。
そのため普通のキャリパーよりもよく聞くイメージがあります。
僕の乗っている旧MADONEもこのタイプなのですが、良く効くのは体験済みです!

見た目も薄いのでカッコいいっすね!(^^)!

これがノーマルブレーキ↓

そしてこれがダイレクトにマウントするブレーキ↓

少し薄くなってカッコいいですね~!

今回のマイナーチェンジはこのくらいです。

個人的には7万近く値下げされて、このスペックなら十分許容範囲ですね~!
後々ホイールやフレームパーツを変える予定の方にはぴったりの一台になります!

フレーム重量は950g(カタログ値)で、パーツ構成によりますが、より軽量なものに変えていけば7kg代や、6kg代も難しくはない軽量フレームです!

アルミからの乗り換えはもちろん、最初の一台にも最適ですよ!

その他にもDOMANE ALEMONDA ALRSLのフレームセットなどなど2018年モデルが続々と入荷しています!


お問い合わせお待ちしております(^^♪

 

山川

ホームページ:http://sorin.jp.net/

Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

走輪オンラインショップ:http://sorin-online.com/


ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
定休日:水曜 営業時間:11:30~20:00
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です