Di2ケーブルの配線処理

P_20151027_170919

今回のご依頼は、外付けしている電動コンポの配線処理。

 P_20151027_170623

バッテリーは本来この位置ではありません。ボトルケージのネジ穴に共締めするのが正しいのですが、ツーボトルにすると、スペースがなくなってしまうからです。

P_20151027_171914

そこでこれを使います。”SM-BA1”

 P_20151029_125202

シートチューブ側のボトルケージを上にオフセットさせます。すると、バッテリーの納まるスペースが生まれます。

バッテリーはこれで解決。続いて、長さの余ったケーブルと露出したジャンクションBを綺麗にしていきます。

P_20151027_174541

BB下には、使用していないワイヤーガイドが付いたまま。これを外付け用のジャンクションBに交換します。

P_20151029_125314

このようになりました。全体的にケーブルが長めで、うまくまとめるのに一苦労しました。

P_20151029_125339

ジャンクションBからフロントディレイラーへとつながるDi2ケーブルの通り道に、インナーワイヤー用の穴を使用できました。プチ内蔵。

P_20151027_170314

STIレバーからジャンクションAへのDi2ケーブルも長めでしたので、

P_20151029_125355

一度バーテープをほどいて必要最低限の露出に抑えました。

これでケーブルの処理も完了です。

P_20151027_170237

Before、

P_20151029_125052

After。

P_20151029_125118P_20151029_125152

別アングルからの見た目も問題ありません。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です