2015 第14回 大台ケ原ヒルクライム 参戦記 & 速報リザルト

P_20150913_140553

2015年9月13日、大台ケ原ヒルクライムに出場しました。2001年から数えること14回目。スタート地点にはモニュメントがあるほど、地元に根付いたヒルクライムレース。今回の合計参加者は800人を超えていたそう。

公式速報動画。

2005_danmen-1

コースプロフィール。序盤の平坦区間で脚を使い過ぎると、激坂~ゴールにかけて確実にタレます。登り以外の駆け引きも面白いです。

~レース前日~

P_20150912_150706

大台ケ原ヒルクライムは前日受付。スタート近くの小学校で受付を済ませます。

P_20150912_172643

受付を済ませれれば、あとはゆっくりと。朝早いので、早めに就寝します。

~当日~

P_20150913_054235

4時に起きて会場へ。各々アップと準備を済ませます。心配された雨は降りませんでした。先日の乗鞍では大雨によりDNS。天候に泣きましたからね~。良かったです。

P_20150913_061617

さあ、7時よりレースが始まります!!人数が多いので2分の置きのウェーブスタート。

P_20150913_101804

~レースレポート~

私は、7時6分の”一般男子第2グループ”でスタート。上の写真、序盤の平坦区間はあまり集団が活性化せず、35km/hほどで走行。去年は40km/h近く出ていたと思うので、随分とゆったりしたペースです。

勾配がきつくなってきたタイミングで前に出ます。激坂区間で同じグループの選手に一人抜かされましたが、そこは無理せず、後半の平坦区間にかけます。結果的に、激坂区間のタイムは31分50秒で8番。まだまだ登坂力が足りないと実感。

激坂区間が終われば、再び登り基調の平坦区間。ここで残る力で爆走し、残り1kmほどで先行された選手をギリギリでパスしてゴール。グループ内では1位でしたが、果たして結果は?もしや総合1位だったりして…

12006287_957494284317135_6617889079100801341_n

1時間13分18秒。総合4位、年代別3位。そんなに甘くない…。来年は総合優勝します。

P_20150913_151003

~使用機材~
フレーム: Cervelo S5
メインコンポ: Dura Ace 9070(フロント50-34/リア11-28)
ハンドル: Bontrager XXX AERO
ステム: Bontrager XXX ステム
ホイール: Bontrager Aeolus 5 D3 クリンチャー
タイヤ: Continental Super Sonic 23c
チューブ:フロントPana R’Air、リアSoyo ラテックス
ペダル: Look Keo Blade Ti
重量:7.1kg

ディープリムクリンチャーにもかかわらず、アイオロスは驚異的に登れます…

以下、会場で貼り出されていた速報リザルトです。

P_20150913_110633P_20150913_122143P_20150913_122148P_20150913_122153P_20150913_122158

続いて、激坂区間の結果速報。

P_20150913_121959

 ~レース後~

P_20150913_111456

レースが終わったら、上北山温泉でゆっくりして、

P_20150913_152448

唐揚げ定食”大”を食します。クライマーにあるまじき食事ですが、自分へのささやかなご褒美と言うことで、一時リミッター解除。比較的会場に近い山の中、『馬酔木 (あせび)』という焼き肉屋さんです。昼はランチ営業もしており、安い、多い、美味い、の三拍子揃ったお店。オススメです。

P_20150913_093143

関西最大級のヒルクライムレース ”ヒルクライム大台ケ原 since 2001”。地元民に愛された素晴らしい大会です。ぜひ一度参加されてみてはどうでしょうか?

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です