KSYRIUM SLとR-SYSの非接触ベアリング化

P_20150519_190618[1]

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』について、詳しくはこちら

P_20150519_171359[1]

「後輪2本をOHしたい」 ということでご依頼を受けしました。ただ、元の状態がそこまで悪いとは思えず、非接触ベアリングをオススメいたしました。

P_20150519_182456[1]

まずはハブをばらします。右上の小さいワッシャーとフリーボディの爪は失くしやすいので要注意!!

P_20150519_182523[1]

P_20150519_184634[1]

プーラーでベアリングを抜きます。

P_20150519_184641[1]

R-SYSのドライブ側フリーハブには608(22mm×8mm)反ドライブ側6901(24×12)。モデルによっては、ドライブ側とフリーハブのベアリングに22×9という特殊なベアリングが使用されている場合があり、一部非接触化できないこともあります。ただ、セラミックベアリング化はできます。

P_20150519_191157[1]

代わりに非接触ベアリングを圧入していきます。

P_20150519_191921[1]

P_20150519_205129[1]

元の状態よりもかなり滑らかに回転するようになりました。

P_20150519_210346[1]

同時にもう一本。KSYRIUM SL。ドライブ側とフリーハブには608(22×8)、反ドライブ側は6903(30×17)

 抵抗の少なさがよく分かりますね。1万程度でできるカスタムとして非常にオススメです。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です