小豆島ポタリング175km ~寒霞渓編~

IMG_5494

行ってきました小豆島海に囲まれて自然が豊か。美味しいものや観光地がたくさんあり、行ってきたお客様も「イイ」と言うので、是非とも一度行ってみたいと思っていました。

IMG_5431

仕事終わりに直接小豆島へ。神戸港よりジャンボフェリーが出航し、朝方、小豆島に到着します。自走なら、この行き方が時間的に一番満喫できると思います。

IMG_5440

43号線をひたすら西へ。道路は広く、信号、交通量も少なめ。

IMG_5602

大阪から2時間ほど、三宮駅前の大きな交差点を曲がって南下(174号)、フェリー乗り場に到着。174号は日本一短い国道(187.1m)となっています。

IMG_5604

フェリー乗り場手前で、時間まで待機。出発直前には、一般客、自転車、バイク、車でごった返していました。30分程度遅れての出航。

IMG_5605

次の日が祝日のこの日、私たちの他にもたくさんのサイクリストが乗船しておりました。考えることは皆同じ。

IMG_5468

フェリーの中は、ほとんどが座席寝る場所。とてもシンプルなつくりです。

IMG_5470

 雑魚寝できるスペースが一番人気。

IMG_5606

次の日の早朝、高松を経由して6時間ほどで小豆島に到着。

小豆島は、完全に一周しても100kmほど、サイクリストが通る一般的なルートなら70~80kmほどの小さな島です。オリーブ醤油佃煮が有名で、二十四の瞳の舞台となった島でもあります。

IMG_5472

まずは、朝一の運動がてら寒霞渓へ。寒霞渓は、東西7キロメートル、南北4キロメートルに及ぶ大渓谷とその周りの山々を指す、小豆島一の観光名所。秋には紅葉でとても美しく色づきます。

IMG_5475

600mほど上る峠が10km以上続きます。結構キツく、ここを通らずに一周するサイクリストも多いです。10月にはヒルクライムレースもあります。

IMG_5480

おっ、サイクリスト発見。

IMG_5498

 到着。登山客はロープウェイでここまで登り、さらに歩いて、周りの山々をハイキングします。

IMG_5497

展望台の先にある金属の輪っか。あそこへ瓦を投げて入れるというアクティビティが『瓦投げ』。是非一度チャレンジを。

IMG_5501

まだレストランは空いていませんでした。オリーブ牛コロッケバーガー食べたかったな……

IMG_5502 IMG_5503

仕方なく、朝食はボンクブレーカー。ピーナッツバター&チョコレート味です。

エンジェルロード編へ続く。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

小豆島ポタリング175km ~寒霞渓編~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 小豆島ポタリング175km ~エンジェルロード編~ | 大杉走輪のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です