MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』

IMG_5364[1]

MAVICのホイールに標準装備されているベアリングは、回転が重く、ゴリゴリ感を感じることがあります。そこで、ベアリングを交換するというカスタムがオススメ。非接触ベアリングに入れ替えます。

IMG_5646[1]IMG_5645[1]

左が元のベアリング、右が非接触ベアリング。

IMG_5647[1]
※断面図

非接触型は、シールが内輪と外輪に接触していません。その分、構造的にゴミなどが入りやすくはなりますが、メンテナンス頻度が極端に増えるということはありません。この接触抵抗は思いのほか大きく、非接触ベアリングに交換することで、劇的な回転の軽さと滑らかさが得られます。

IMG_5369[1]

まずハブを分解、その後、ベアリングプーラーでベアリングを抜き取ります。

IMG_5365[1]

フリーハブ側はこのようになります。

IMG_5367[1]

そして、フリーハブのベアリングと、

IMG_5370[1]

ハブ本体のベアリングを圧入します。作業内容に難しさはありませんが、高価な専用工具と構造に関する知識が必要です。

前輪2,000円+ベアリング代、後輪3,000円+ベアリング代で承ります。非接触ベアリングはそれほど高くありません。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: KSYRIUM SLとR-SYSの非接触ベアリング化 | 大杉走輪のブログ

  2. ピンバック: MAVICホイールから爆音!!?? | 大杉走輪のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です