【ホイール新ブランド】black incが良さそう

Slider1-The-Black-Fifty-C

トライスポーツさんが、『black inc』というホイールメーカーの取り扱いを開始しました。調べてみると、このホイール、何だかとても良さそうです。

◆リムの形状(幅)
リム幅は最大部分で27mm、ブレーキ面で26mm。SHIMANODURA-ACEよりも太く、BONTRAGERAEOLUSに近い形状です。

BlackInc_info01BlackInc_info02
左が従来のホイール、右がblack incのホイール。最近流行りの幅広リムを採用しています。幅広リムのメリットは空気抵抗が少ない(写真の赤矢印)ことと、リム剛性が上がること。最近のチューブラーホイールはもちろん、アルミリムホイールにも幅広リムは浸透しつつあります。

BlackInc_info03
幅広リムは斜めからの空気抵抗も少なく、横風でハンドルが取られにくいという特徴もあります。

◆ハブ
dt_240_sp_f_road_med (1)
ストレートスポーク仕様のDT SWISS 240s。軽さ、精度、回転性能がバランス良く高いハブです。

PHO_Hub_240_Explosion_620x327px
リアハブに採用されるスターラチェット。掛かりが良く、推進力を逃がさずに鋭く加速するための構造です。

◆スポーク
ダウンロード
DT SWISS AEROLITE。軽量かつ空気抵抗の少ないDT SWISS最上位スポークを使用しています。リアのドライブ側にのみ55%強いスポーク、DT SWISS CHAMPIONを使用し、剛性、駆動性、耐久性を高めています。完組ホイールではなかなかない工夫です。

◆ラインナップ
現在は2種類と少なめ。どちらもオールラウンドに使えそうですが、THE BLACK THIRTYが山寄り、THE BLACK FIFTY Cが平地寄りな使い分けでしょう。

 

ダウンロード (1) ダウンロード (1)
『THE BLACK THIRTY』チューブラー

前後重量1198g、リム高35mm
税込価格193,320円

ダウンロード (3) ダウンロード
『THE BLACK FIFTY C』クリンチャー
前後重量1433g、リム高45mm 
税込価格213,840円

AEOLUSとの共通点の多いblack incのホイール。性能は間違いなさそうですし、価格も有名どころよりかなりお手頃で、面白いホイールだと思います。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイール新ブランド】black incが良さそう」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: うわさのホイール「black inc」試乗できます! | 大杉走輪のブログ

  2. ピンバック: 【ホイールインプレ】black incのカーボンクリンチャーホイール”THE BLACK FIFTY C”を100kmほど使用したところ、価格以上の価値があると確信した話 | 大杉走輪のブログ

  3. ピンバック: black inc 『THE BLACK FIFTY C』を取り付けました | 大杉走輪のブログ

  4. ピンバック: サンデーライドー開催しました☆ | 大杉走輪のブログ

  5. ピンバック: 【カーボンディープリムホイール】black incの仕様が変わります | 大杉走輪のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です