新しいタイヤが入荷したので紹介します!!

こんにちは!

 

 

いきなりですが、タイヤはこだわってますでしょうか??

 

ユーザーが多い、CONTINENTAL GP5000もいいかもしれませんが、

 

自転車タイヤメーカーもいろいろありますし、せっかくの趣味なので

 

他のを試してみてもいいんじゃないでしょうか?

 

もしかすると他のタイヤが自分に合っているかもしれません。

 

そんな数あるタイヤの中でお勧めしたいのが、このタイヤ!

 

 

 

 

VELOFLEX

CORSA RACE 25c

350TPI

 

カラーラインナップは

黒 x ブラックサイド

黒 x ベージュサイド

 

¥7.370 (税込)

 

 

このタイヤは、クリンチャータイヤの中でも

 

オープンチューブラー (ハンドメイド・クリンチャー) という

 

分類になります。

 

ハンドメイドなのにこのお値段は、かなり良心的かと思います!

(VELOFLEXは、handmade in Italyになります。)

 

・オープンチューブラーとは?

ハンドメイド・チューブラータイヤと同じ工程で生産されており、

 

筒状に縫われているか、

 

両耳にビードが埋め込まれているかの違いだけです。

 

通常のクリンチャータイヤはトレッド面が立体的な形状なのに対し、

 

オープンチューブラーは平べったく、

 

形状は空気を入れる前のチューブラータイヤです。

 

ゴムを成形しないことで本来の性能が発揮できます!!

 

そして、重量が軽いのに乗り心地がとてもいいです!

 

 

 

 

25cでこの重量です!

 

かなり軽いですね♪

 

タイヤが軽くなると、リム外周が軽くなるので

 

走りも軽く感じられるようになります。

 

チューブも同時に軽いものにすると、さらに効果を感じられるので

 

もし今、重量があるチューブを使っているのであれば

 

一緒に交換してあげるといいと思います!

 

 

そして、このタイヤの名前の下に、350TPIと書かれているのに

 

気になった方がいると思います。

 

 

・TPIとは

 

1インチ四方あたりに使われている繊維数のことです。

 

 

1インチ当たりに何本の繊維が束ねられているかによって

 

TPIの数値が変わるのですが

 

ここで注意したいのが、

 

同じ、330TPIでも110TPIの物が3層重なっているのと

 

330TPIの1層のみの物があります。

 

カタログ上では、同じ330TPIですが

 

乗った感じは全くの別物になります。

 

 

TPIが高いほど繊維1本1本が細く、

 

相対的にしなやかなケーシングとなります。

 

TPIが高ければ高いほど、タイヤの乗り心地がよくなり

 

繊維1本1本が細いので、路面の食いつきがよくなり

 

グリップが向上します。また、路面の凹凸にもタイヤが変形して

 

対応するため乗り心地も良くなります!

 

対して、TPIが低い場合には使用されている繊維が太いため、

 

相対的に硬くて強度の高いケーシングとなります。

 

ケーシングの繊維1本当たりが太くなるため、

 

タイヤが変形しずらくなるので、乗り心地が硬くなる傾向があります。

 

ただ、耐久性などは高いです。

 

いかがでしょうか??

 

 

 

 

お問い合わせお待ちしてます!!

 

 

増田
🚴ホームページ:http://sorin.jp.net/
🚴Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net
🚴走輪オンラインショップ:https://wowma.jp/user/41529085

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪  走輪LABO

🚴大杉走輪 大阪堀江🚴
📪大阪市西区南堀江3-9-18
📞電話番号 06-6626-9929
🏠定休日 水曜日 営業時間 11:30~20:00

🚴走輪LABO西宮北口🚴
📪兵庫県西宮市甲風園3-2-16
📞電話番号 0798-31-1120

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です