日本人の7割にフィットする!?インソール「SUPERFEET」取り扱い開始します!

オーバープロジェーション(過剰回内)とは

カカト周りの関節が動きすぎ、足内側のアーチ構造が崩れた状態を言います。

 
ニュートラルプロネーション        オーバープロネーション

程度に差はありますが、日本人の7割以上がこの傾向にあると言われています。

オーバープロネーションは外反母趾やシンスプリント、足底筋膜炎などを引き起こします。

過剰回内によって引き起こされる主な症状
・偏平足
・外反母趾
・足底筋膜炎
・シンスプリント
・腸脛靭帯炎(ランナーズニー)
・アキレス腱炎
・モートン病

さらには土台である足の骨格の崩れは、膝や腰をはじめ体全体にも悪影響を及ぼします。

実は私もこのオーバープロネーションに悩むランナーの一人で、膝の半月盤を手術した右脚は左脚よりもオーバープロネーションが大きく、体の歪みが起こり距離を走ると必ず体の左側に疲労が溜まります。

スポーツ用として単体販売されるシューズインソール(中敷)の大半は、このオーバープロネーションを防ぐために作られていて、走輪が新規取扱いするSUPERFEET(スーパーフィート)のインソールも同じ目的です。

多くのスポーツ用インソールがある中で、何故SUPERFEETを取扱うかというと、

カカトをサポートする

という考え方。

オーバープロジェーションはカカト周りの関節が過剰に動くことによって起こります。

他メーカーがアーチサポートを重要視する中で、アーチではなくカカトを機能的にサポートするという考え方はSUPERFEETだけ。

つまり、SUPERFEET以外のメーカーはオーバープロネーションで結果的に起こるアーチの崩れを補正するのに対し、SUPERFEETは「カカト周りの関節が過剰に動く」という原因を解決します。

これに関してSUPERFEETは特許を取得しています。

実際にインソールを試してみるとアーチではなく、内くるぶしの下あたりの骨の一部にサポート感があり、この箇所のサポートが過剰回内を防ぐ役割を果たしていることが体感できます。

過剰回内はランニングだけでなく自転車でのペダリングにも悪影響を及ぼします。

膝がトップチューブ側に入り真っ直ぐペダリングできない方は過剰回内の可能性があります。力が100%ペダルに伝わっていなかったり、膝の故障に繋がる可能性もあります。

 

 

SUPERFEETは長年アメリカで足病医学に基づく理論をベースに医療用インソールを作ってきたメーカーです。

オーダーメイドで作られる医療用インソールは8万円程度するらしいです。

1977年からスタートしたスポーツ用インソールも機能的な考え方は医療用インソールと同じ。

医療用で培ったノウハウは説得力あります。

ランニングや自転車のみならず、普段使いにも有効です。健康な足作りは普段の生活が重要です。

足・腰・膝に少しでも不安があれば試してみる価値有りです。

スポーツ用インソールは¥4,800~¥6,000(税別)

 

注:インソールの効果を最大限引き出すためにはサイズ選びやカッティングが重要ですので店頭にてご相談ください。

 

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net
走輪オンラインショップ:https://wowma.jp/user/41529085
ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
定休日:水曜 営業時間:11:30~20:00
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です