暗峠制覇 !! ~悶絶と歓喜と浪漫の三重奏~

P_20160819_124757[1]

8月末ですから、2か月前に記事を作ったのに、
投稿するのを忘れておりました(゚Д゚)!!
いまさらですが暗峠に行く参考にしてください(^ν^)

 

前回の初挑戦の様子は以下の記事をどうぞ。
国道308号 暗峠(くらがりとうげ) VS 走輪号

虚しくも惨敗でした。

P_20160819_112622[1]

暗峠にリベンジしに行きます。
麓のお寺(宝幢寺)でお参り。

「今日は上りきれますように・・・」

P_20160819_132032[1]

さあ、やってきました。
いざ尋常にスタート!!

P_20160819_131831[1]
(※下山時に撮影)

ここから超激オコ坂が続きます

P_20160819_131555[1]

相変わらずの急勾配。
相変わらずの苦しさ。

これぞ暗峠!!

この前より苦しい気がしますけど、
すでに心が折れそう・・・

P_20160819_130030[1]

ゼェゼェ・・・・・(‘A`)

この前、足を付いた地点を通過。

P_20160819_125850[1]

ダンシングしないと体勢が保てません。

「脚がもう限界・・・・・」

「今回もダメか・・・・・」

頭の中では色んな弱音が駆け巡ります。

P_20160819_125531[1]

「心臓が飛び出しそう・・・・・」

「あと少し・・・・・」

「100mが遠い・・・・・」

全身全霊を込めたフルダンシング!!

P_20160819_125359[1]

やっ、やった・・・・・

何とか乗り切った!!

P_20160819_125216[1]

あとは自分で決めた制限時間25分との闘い。

P_20160819_125111[1]

最後の最後、ゴール地点の手前50mで車が道を塞ぐ!!

 

「うそーーーー(゚Д゚)!」

 

・・・・・・

 

ギリギリですり抜けて通過。

危なかったぁ。。。

P_20160819_124757[1]

暗峠完全制覇
(タイム22分40秒)

P_20160819_115848[1]

達成感に浸る中、火照った身体に浸みこんでいく冷たい氷。

これほど美味しいかき氷は他にありません。

P_20160819_120655[1]

茶屋の女将さんが昔話をしてくれました。

左が最近のバイシクルクラブ、
右が2004年1月のバイシクルクラブ。
今中大介さんが登った時の逸話が書かれていました。

プロはアウターで上り切ると聞いたことがありましたが、
嘘だと思っていました。

これを読む限りどうやら本当だったようです。

P_20160819_123525[1]

おススメは野菜カレーなのか!?

では・・・・・

P_20160819_121601[1]

16種類の野菜を使用した旨みたっぷりのカレーでした(^ν^)

P_20160819_124417[1]

よく見るとたくさんのサインが飾られています。

P_20160819_120850[1]

”サイクリングノート”を発見。

P_20160819_121055[1]

茶屋を訪れた人々が、思い思いの記録を残して言っているようです。

韓国からも来ていますね~。

P_20160819_121029[1]

2週間前には、自転車好きのイタリア人夫婦も訪れていました。

P_20160819_122017[1]

”JUST MARRIED”

新婚旅行だったみたいです。

P_20160819_122827[1]

”シバタ”という方がよく来られています。

気になったので、伺ってみると、40代の自転車乗りだということ。
毎回足を付かずに上り切るそうな。

P_20160819_122837[1]

楽とか絶対に言えませんね・・・(汗)

P_20160819_123128[1]

他の人が感想を書いている中、一人格言を残していっています(笑)

P_20160819_123132[1]

P_20160819_123348[1]

数えてみると、何と88回登頂しており、現在もなお継続中のようです。

P_20160819_123627[1]

私も記念に走輪シールをペタリ。

 

~オマケ~
暗峠の隠れスポット集

P_20160819_131831[1]

比較的スタートに近い地点。
「初音」という茶屋があります。

ここに美味しそうな『関東煮』が売られていますよ。

P_20160819_130030[1]

ここの左奥。

P_20160819_125956[1]

不動明王が祀られています。

暗峠にぴったりだと思います。

P_20160819_131313[1]

上っている最中には、きっと気付かないこの赤い橋の先、

P_20160819_130902[1]

滝が流れています。

”暗渓の滝”と呼ぶそうです。

 

上る際は、是非言ってみて下さい(^^)

 

松木

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
定休日:水曜 営業時間:11:30~20:00
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

暗峠制覇 !! ~悶絶と歓喜と浪漫の三重奏~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 『僕のジロ・デ・イタリア』6/1発売。少し変人なプロロード選手山本元喜の本。 | 十三峠十三分切り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です