しまなみ海道へポタリング420km 後編

前編はこちら

DSC01579

2日目の朝です。天候がかなり怪しいですね。雨支度をしてスタートします。

◆2日目:倉敷→東予港

DSC01583

60km走って尾道駅に着きました。ここから向島へはフェリーに乗って渡ります。その前にONOMICHI U2に立ち寄りましょう。詳しくはこちら→http://www.onomichi-u2.com/

IMG_2146

手前から、ジャイアントストア、レストラン、パン屋、宿泊所と続いています。意外にもサイクリストは少なく、一般の方がほとんどでした。

IMG_2154

さあ、しまなみ海道へ渡ります。すぐそこに見えているのが向島です。

IMG_2156

船が往復し続けており、あまり待たずに乗船できます。人100円、自転車10円、合わせて110円。事前の手続きは一切なく、左のおばちゃんが乗船中にお金の回収にまわってきます。

IMG_2164

いざ、しまなみ海道へ突入。

DSC01596

水色のラインがサイクリングロードです。ここに沿っていけば迷わず今治へ着きます。

この時期にしては気温が低く、天候も景色を損なわない程度の曇り空でとても走りやすい。風景を楽しみながら進みます。

IMG_2192

橋を渡る際、自転車・原付専用の、斜度3~4%のくねくねした細い道を上っていきます。

IMG_2193

ほとんどの橋は上を走りますが、このように車が走る下を通り抜ける橋もあります。

IMG_2221

各橋には料金所があり、すべての橋を渡るのに500円必要でした。ラッキーなことに、1ヶ月ほど前に無料化されました。

IMG_2197

途中、水軍城という観光地に寄ったり、名物なども食べました。しかし、激しいライドを好む私には、正直スパイスが足りません。

IMG_2263

というわけで、最後の島でサイクリングロードから外れ、ヒルクライムすることにしました。3.7kmで300mほど駆け上がる、なかなかに楽しそうな、心躍る坂道です。

キツイ!!荷物のせいかインナーローでやっと上れるほどです。ん?右手に何やら看板が見えますね。

IMG_2259

日本一の藻塩アイスだとぉぉぉ!!やる気出てきたぁ!!

IMG_2256

あと1km!!藻塩アイス待ってろよ~。

IMG_2254

あと0.5km!!しかし、ここにきて最大の斜度!!藻塩アイス目指してフルダンシング!!

IMG_2253

店やってないんかい!!完全に心の中で突っ込み入りました。ただ、それ以上のご褒美がありました。
※再生後、右下の設定マークより1080pHDでご覧下さい

夕日の映える海が綺麗ですね。大きな橋は大島と今治を結ぶ来島(くるしま)海峡大橋。全長4105mで、明石海峡大橋よりも長い橋です。

DSC01626

暗くなると危ないので先を急ぎます。来島海峡大橋を渡って今治市へ。あとは帰りのフェリー乗り場に向かうだけですが、朝から何も食べておらず、体に力が入らなくなってきました。腹ごしらえをしましょう。

IMG_2278

十円寿司です。しまなみ海道を渡って8kmぐらいの場所にあります。

DSC01628

ここの大将は話を聞くに推定84歳。20歳から64年間寿司を作り続けているそうです。1貫10円だから十円寿司。この店の開店当時の価格のままやってきたそうですが、最近1貫14円に値上げしたそうです。少し小ぶりですが、お吸い物と合わせてお腹いっぱいになります。

IMG_2286

19時30分、終着地の東予港フェリー乗り場に到着。すっかり暗くなりました。

少し遠かったですが、しまなみ海道はとてもいいところでした。サイクリングの楽しさがつまっていて、初心者の方に特におすすめです。逆に、苦しいライドを好む私のような変態タイプには、少し物足りない部分もあります。そんな場合は、距離の長い大回りルートを走ったり、サイクリングロードから外れて山でも上ってみるといいと思いますよ。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です