京丹後逆境ライド260km ~魅惑の丹後半島 編~

P_20160316_100117

京丹後逆境ライド260kmの後編です。

竹田城・城崎温泉編はこちら

P_20160316_094952

井村屋「チョコレートようかん」を食べてゆっくり10時出発。

P_20160316_102643

城崎温泉の近くにあります『玄武洞』

P_20160316_102315

160万年前の噴火により形成された玄武岩の洞窟・絶壁です。伝説上の動物玄武に見えたことから玄武洞と名付けられ、玄武岩の名前の由来が玄武洞だと言われています。

P_20160316_102500

まじかで見ると凄い迫力!!

P_20160316_122854

続いては琴引(ことびき)浜

P_20160316_123206

鳴き砂で有名な白砂青松の景勝地。石英でできた特殊な砂は、歩くと音が出るらしい!?

P_20160316_123124

試しにビンディングで歩くも・・・・・・音はならず。どうやら”鳴らし方”というものがあったようです。

P_20160316_130220

そしてついに丹後半島へ!!

P_20160316_124629

日本海、めっちゃ綺麗です!!

P_20160316_130454

正面に見えるのが屏風(びょうぶ)岩と呼ばれる岩です。屏風???

P_20160316_131029

こちらは小さな島々が浮かぶ丹後松島。どの瞬間を切り取っても絵になります。

P_20160316_132853

そして最北端へ。

P_20160316_135354

経ヶ岬(きょうがみさき)に到着!!

P_20160316_134309

真ん中やや上、小さな灯台が見えますね~。

P_20160316_142509

経ヶ岬より先は一部通行止めで迂回。地図で適当な道を調べて進みますが、

P_20160316_143021P_20160316_143433

ギリギリ降りずに登れるレベルの道が続きます。ちょっとこれはマズいぞ・・・、後輪が心配だ・・・

P_20160316_145916

碇峠。怒り峠のほうがイメージに合う。

P_20160316_151333

下っている途中、突然の爆発音とともに後輪が盆踊り状態。何とか落車を免れてストップすると、タイヤは上の状態に。案の定やってしまいました…

P_20160316_151342

先ほどの山道でボロタイヤにトドメをさした模様。タイヤを忘れたときに限ってこの有様か…

P_20160316_153545

穴をふさぐものがなく、草を詰めたりしてみるも、走っていると砂と化して穴から抜けていきました(´;ω;`) 漫画で知ったこの方法、少なくとも枯れた草だとダメです。

P_20160316_160022

近くに何もない丹後半島の山の中。

P_20160316_180431

ガタゴトガタゴトガタゴトガタゴトガタゴトガタゴト…、1時間半後、天橋立を通過。

P_20160316_180723

予定では昼に通過するつもりが、すっかり日が暮れてしまいました。さらに20㎞先の福知山で、ロードタイヤを調達して旅を続けることもできましたが、ここで旅を終わらせることにしました。

色んな思い出ができる自転車旅は良いものです。ただし万全の状態で出発しなければ窮地に陥りますので、しっかり計画を練っておきましょうね(^^♪

来週のウェンズデーライド「吉野桜ポタリング」予定です。天気が良ければ綺麗な満開の桜が見られるでしょう。

松木

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

京丹後逆境ライド260km ~魅惑の丹後半島 編~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 京丹後逆境ライド260km ~竹田城・城崎温泉 編~ | 大杉走輪のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です