カテゴリー別アーカイブ: メカニック

【ホイールバランサー】ZIPP 303の場合

P_20151115_132814[1]

ZIPP 303のホイールバランスを取りました。

P_20151115_132830[1]

リム幅28mmのFIRECREST(ファイアークレスト)ではない旧モデルです。

P_20151115_132838[1]

ハブも現行品と異なります。

77177

現行品は、新設計の77177ハブというものが組み付けられています。数字は重量でしょうか?

P_20151115_134434[1]

前輪には、バランスウエイトを17.3g。少なく見えるのは、見た目上の問題で重ね張りしているからです。

P_20151115_134442[1]

後輪には13.2g貼りつけました。後輪に関して、ハブにかなりのガタがありましたので、玉当たりに必要な壊れたネジをどうにか緩め、玉当たり調整をして新しいネジに入れ替えました。バランサーと玉当たりで、走行中の振動がかなり軽減されると思います。

 

前後3,000円(片輪1,600円)で受け付けています。30分程度で施工できます。ホイールのウエイトバランスを取ることにより、高速巡行速度が上がる乗り心地が良くなる路面のブリップ力が上がる、など様々な効果が期待できます。ディープリムほど効果が高いです。ぜひお試しください。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ペダリングモニター】アップグレードキッドを試す。

P_20151030_095945[1]

PIONEER SGY-KT910。ペダリングモニターセンサーとフレームのクリアランスを広げるためのパーツです。クリアランスのシビアなTTバイクなどで役立つことがあります。私の走輪号に付けているペダリングモニターセンサーで、どのようなものか試してみました。ちなみに、最近のペダリングモニターには標準装備されていますので必要ありません。

P_20151030_095431[1]

新旧比較。左が新型、右が旧型です。旧型は、インナーチェーンリングの外側にセンサーパーツの一部が付くような構造です。対して、新型はインナーとアウターの間にセンサーパーツが綺麗に納まりまっています。

P_20151030_094958[1]

新型のインナーを取り外した状態。

P_20151030_095341[1]

縦から見ても、センサーパーツの飛び出しは一切ありません。

P_20151030_095742[1]

左センサーの電池の蓋もマイナーチェンジ。左が旧型、右が新型。

P_20151030_095810[1] 

旧型は凸レンズ形状ですが、新型は平面です。1mmほどの違いですが、これだけの違いで取り付けできる、できないが決まることがあるので、重要な違いです。

ペダリングモニターの取り付け干渉問題にお悩みの方はご相談下さい。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

スポークのカラーチェンジ

 P_20151102_132112[1]

GIANT IDIOMのスポークを黒から赤へ。

P_20151102_144552[1]

先日、こちらの記事でご紹介したカラースポークを使います。スポークカッターを使用し、適切な長さにカット。ネジ切ってスポークの準備をします。

P_20151102_132042[1]

P_20151102_175401[1]

組み換えました。

P_20151102_175408[1]

車体に合っていますね~。

P_20151022_114653[1]

前後工賃8,000円で組み換えいたします。全色使ってカラフルに・・・なんてのもありかもしれませんね♪

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

Di2ケーブルの配線処理

P_20151027_170919

今回のご依頼は、外付けしている電動コンポの配線処理。

 P_20151027_170623

バッテリーは本来この位置ではありません。ボトルケージのネジ穴に共締めするのが正しいのですが、ツーボトルにすると、スペースがなくなってしまうからです。

P_20151027_171914

そこでこれを使います。”SM-BA1”

 P_20151029_125202

シートチューブ側のボトルケージを上にオフセットさせます。すると、バッテリーの納まるスペースが生まれます。

バッテリーはこれで解決。続いて、長さの余ったケーブルと露出したジャンクションBを綺麗にしていきます。

P_20151027_174541

BB下には、使用していないワイヤーガイドが付いたまま。これを外付け用のジャンクションBに交換します。

P_20151029_125314

このようになりました。全体的にケーブルが長めで、うまくまとめるのに一苦労しました。

P_20151029_125339

ジャンクションBからフロントディレイラーへとつながるDi2ケーブルの通り道に、インナーワイヤー用の穴を使用できました。プチ内蔵。

P_20151027_170314

STIレバーからジャンクションAへのDi2ケーブルも長めでしたので、

P_20151029_125355

一度バーテープをほどいて必要最低限の露出に抑えました。

これでケーブルの処理も完了です。

P_20151027_170237

Before、

P_20151029_125052

After。

P_20151029_125118P_20151029_125152

別アングルからの見た目も問題ありません。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

OH(オーバーホール)!!

P_20151005_145736

お客様のロードバイクのメンテナンスをしました。外見上は綺麗ですが、2年ほどオーバーホールはしていなかったそう。

P_20151005_145839 P_20151005_145907

ワイヤーに錆やほつれが・・・。引きの重さや、変速の不調の原因はこれですね。

P_20151005_163121 P_20151005_145809

普段は見えない部分にも、グリスの腐植や錆がありました。洗浄、交換しました。

P_20151005_161744 P_20151005_183640

プーリーとヘッドベアリング。回転部分は汚れていると、激しく劣化していきます。当然、走りは重く、寿命も短くなります。洗浄の後、グリスアップします。

P_20151005_171329

サドルにも長年の汚れが染み付いていました。左側が洗浄後。

P_20151005_145918

ピカピカなのは気持ちいいですね!! 最後は、丁寧に組みつけていきます。

定期的なOHは、本来の性能を発揮するために必須です。作業料金や必要時間は状態によりますので、気になる方はご相談ください。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

SCICONエアロコンフォートプラスのキャスターを交換しました

P_20150801_174312

トライアスロンのハイシーズンの今、全国から時々ご依頼をいただきます。作業内容に関して、詳しくはこちら

P_20150801_174511

純正はベアリング受けが脆弱で、重さに耐えきれずに開き、中の玉はどこかへ行ってしまいます。キャスターを取り付けるナットも全体的に緩んでいました。新しいキャスターを取り付ける際は、ナット部分に緩み止め剤を塗っています。

P_20150801_174255

純正よりもスムーズかつ頑丈に仕上がります。キャスター代込みの代金は7,200円で承っています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

クイックを締めると回らない?KSYRIUM ELITEの非接触ベアリング化

P_20150616_122221[1]

「後輪がクイックリリースを締めると、回転が重くなる」ということで、KSYRIUM ELITE非接触ベアリング化のご依頼です。

P_20150616_122321[1]

クイックリリースがスピードマグネットの受信機となっています。面白い発想ですね。

P_20150616_123343[1]

作業開始。前輪のベアリング6001(28×12)

P_20150616_134911[1]

ドライブ側フリーハブには608(22×8)反ドライブ側6903(30×17)。後輪に関しては、このサイズの組み合わせが一般的なようです。

P_20150616_150946[1]

後輪のパーツ達。失くさないように要注意です!!

 作業後の動画。触れ取り台でクイックを締めた状態です。構造的な問題点も解消し、回転の重さはすっかりなくなりました。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

LOOKペダル、カーボンバネの交換方法

P_20150616_153545[1]

ルックのビンディングペダルは、スプリングにカーボンバネを使用しています。このカーボンバネの弾性で、固定の硬さが決まります。黄色(12Nm)が普通、赤(16Nm)が硬い、青(20Nm)が凄く硬い。今回、から黄色に交換します。

P_20150616_155339[1]

先にネタバレしますが、このような構造です。それでは交換しましょう。

P_20150616_154128[1]

ペダルのカカトの左右にトルクスネジがあります。外側がT10、内側がT8です。T10を挿して供回りを防ぎつつ、T8のほうのネジを緩めていきます。T8というのはかなり珍しいサイズですね。

P_20150616_154254[1]

すると、緩んでネジの頭が出てくるので、ここを軽くプラハンで叩くと、

P_20150616_154459[1]

反対側のネジの頭が出てきます。

P_20150616_154546[1]

これを引っ張って抜き取ります。この長い金属がシャフトとなっているのですね。

P_20150616_154609[1]

すると下のパーツが外れるので、カーボンプレートもフリーとなります。

P_20150616_154631[1]

取り出しました。万が一、カーボンテンションスプリングが割れたとしても、このように交換可能というわけです。ちなみに、外側に細いカーボンバネが挿入されている旧型のタイプでも同じです。

P_20150616_155014[1]

黄色と比較。手で曲げようとすると、黄色わずかにタワみますが、まったくタワむ感じがしませんクリートを外すのも結構大変です。

P_20150616_160841[1]

黄色のカーボンバネに入れ替え、元に戻して完了です。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MAVICホイールから爆音!!??

P_20150616_175113[1]

 峠を下っている時、脚を止めると爆音がするということでお預かりしました。かなり初期のKSYRIUM SLです。

P_20150616_183045[1]

爆音の発生源はフリーハブです。かなり長いことノーメンテナンスだったようで、グリスがカサカサ、真っ黒になっています。こうなると、「ラチェットの爪」もしくは「ゴムシールのフラップ」から爆音が鳴ります。部品が壊れたとかではないので、洗浄&グリスアップで直ります。

P_20150616_191537[1]

同時に非接触ベアリング化。ドライブ側とフリーハブには608(22×8)、反ドライブ側は6903(30×17)MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』について、詳しくはこちら

P_20150616_175336[1]

続いて前輪。サビが回ってしまっていました。

P_20150616_180011[1]

P_20150616_181212[1]

 なるべくサビを除去した後、非接触ベアリングに打ち替えます。サイズは6901(24×12)

P_20150616_194050[1]

元が元なだけに見違える回転力となりました。爆音は、ハブのメンテナンスを求める悲鳴だったのですね。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】WH-RS21の場合

P_20150608_160023[1]

シマノのWH-RS21ホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら。前後3,000円(片輪1,600円)で受け付けています。30分程度で施工できます。

P_20150608_160112[1]

シマノの中で下から2番目のグレードです。にも関らず、ハブやスポークの形状は最上位ホイールとほぼ同じ。平地の伸びは持っていそうなホイールですね。

P_20150608_160036[1]

面白いのは、これがローラー台用に使っているホイールだということです。タイヤもコンチネンタルの”HOMETRAINER”。外履き不可のタイヤです。

P_20150608_161425[1]

バランスウエイトは、バルブ近くに1.8gを貼りつけました。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

至高の一台!! CERVELO S5を納車整備しました

P_20150604_120044[1]

CERVELO S5を納車しました。私自身、S5は旧、新と乗り継いでおり、特徴から乗り味、組立まで熟知した車体であります。旧モデルと比べ、

・フレーム設計とカーボン素材を見直し、エアロ効果と軽量化を向上
・フレームクリアランスを広げ、26mmまでの太いタイヤに対応
・フォーク・BBの剛性が上がり、加速がより鋭く

などなど、確実に進化しております。また、よりポジションが出しやすく、構造的に傷つきにくいフレーム形状となっています。

P_20150604_120154[1]

ペダルはエアロフレームとマッチするLOOK KEO BLADE2

コンポーネントはアルテグラDi2。クランクのみ持ち込みのDURA-ACE

P_20150601_151411[1]

ちなみにDi2バッテリーはというと、ここに内蔵されています。ダウンチューブのBBに近い位置。

P_20150601_151353[1]

専用台座にタイラップ締めをし、

P_20150601_151603[1]

六角レンチで突っ込んで、フレームの外からネジ止めする仕組みです。

P_20150604_120123[1]

ハンドルは3TのAERONOVA

P_20150604_120132[1]

BONTRAGERのエアロハンドルと違い、肩の下がった有機的な形状に人気があります。ケーブルの取り回しも無理がありません。

P_20150604_120211[1]

ホイールはカンパニョーロのBORA ONE 50S5には問答無用でディープリム!!平地の高速巡航に、より一層磨きをかけます。

P_20150604_120241[1]

快適性軽量性をも兼ね備えた究極のエアロロードバイク。きっと気に入っていただけると思います。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

こんじきの最終兵器!! 『TNI アルミコグ ゴールド』を取り付けました

P_20150528_184738[1]

アルミコグについて詳しくはこちら

P_20150528_191449[1] P_20150528_191418[1]

内部は見事にガランドウ。フリーハブの外と内のみでギアを触れます。アルミフリーハブとの組み合わせだと、ギアの食い込みが少し気になりそうな…。

P_20150528_191645[1]

11枚すべて一体となっています。一枚ずつはめていく、という作業が省けて何気にイイですね。

P_20150528_191609[1]

実測重量は112.7g。アルテグラの半分以下です。

P_20150528_191535[1]

肝心の変速性能はというと…

”まったく問題ありません”

取り付け後に試乗させてもらいました。シマノ純正に僅かに劣る感覚はあるものの、予想していたよりも遥かにスムーズに変速し、一切のストレスを感じませんでした。刃先の造りを見ると、変速しやすい加工が施されており、変速ポイントも確認できます。

P_20150528_192129[1]

何よりも惚れたのが、変速時の音。一体型で中が空洞、さらにはアルミ素材により”パッキーン”と響くような独特の変速音を発します。美しい見た目からパーツとしての機能にいたるまで、非常に完成度の高いパーツです。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

LOOKのペダルを分解する方法

P_20150528_160837[1]

私の”走輪号”に付けているルックのペダル軸を取り外してみます。

P_20150528_160849[1]

軸の取り外し方は簡単。19mmのメガネレンチを使って緩めるだけです。緩めるナットは樹脂製かつ、六角形とは少し異なる形をしており、ナメやすくなっています。19mmのメガネレンチをケチって別の工具で代用しようとすると、大概この”ナメる”失敗をしてしまいます。

P_20150528_161220[1]

構造はいたってシンプル。ペダル奥にニードルベアリングがあり、軸を受けます。

P_20150528_161303[1]

軸のほうにもカートリッジベアリングが2個挿入されています。LOOKの場合、ペダル側のニードルベアリングと、軸側の2個のカートリッジベアリングでペダルは回るのですね。

ちなみに、元々のグリスはニードルベアリングを受ける部分にのみ塗布されていました。そこ以外にも薄く塗っておいたほうが良いでしょう。

P_20150528_162400[1]

右ペダルを分解するなら、緩めるナットの形は左よりもギザギザしていますが、使用する工具は同じ19mmメガネレンチ逆ネジになっていることには注意しないといけません。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

KSYRIUM SLとR-SYSの非接触ベアリング化

P_20150519_190618[1]

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』について、詳しくはこちら

P_20150519_171359[1]

「後輪2本をOHしたい」 ということでご依頼を受けしました。ただ、元の状態がそこまで悪いとは思えず、非接触ベアリングをオススメいたしました。

P_20150519_182456[1]

まずはハブをばらします。右上の小さいワッシャーとフリーボディの爪は失くしやすいので要注意!!

P_20150519_182523[1]

P_20150519_184634[1]

プーラーでベアリングを抜きます。

P_20150519_184641[1]

R-SYSのドライブ側フリーハブには608(22mm×8mm)反ドライブ側6901(24×12)。モデルによっては、ドライブ側とフリーハブのベアリングに22×9という特殊なベアリングが使用されている場合があり、一部非接触化できないこともあります。ただ、セラミックベアリング化はできます。

P_20150519_191157[1]

代わりに非接触ベアリングを圧入していきます。

P_20150519_191921[1]

P_20150519_205129[1]

元の状態よりもかなり滑らかに回転するようになりました。

P_20150519_210346[1]

同時にもう一本。KSYRIUM SL。ドライブ側とフリーハブには608(22×8)、反ドライブ側は6903(30×17)

 抵抗の少なさがよく分かりますね。1万程度でできるカスタムとして非常にオススメです。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

Bontrager XXX Aeroハンドルを取り付けました

P_20150519_111650[1]

ボントレガーのエアロドロップハンドルを取り付けました。もうかれこれ10本目近くになるかと思います。

P_20150517_140146[1]

電動コンポです。ワイヤーのアールがきつくなってしまう、ケーブル内蔵のエアロハンドルとの相性は抜群に良いです!!

P_20150517_142053[1]

ジャンクションAを留めているタイラップの頭は、本来窪みにスッポリ収まっていないといけませんが、そのようになっていませんでした。細かい事ですが気になります。

P_20150517_143651[1]

STIレバーを取り外し、ハンドルを交換。ワイヤーを内蔵していきます。これには少々コツが必要です。

P_20150519_111717[1]

サテライトスイッチはこの位置。綺麗に付きました。

P_20150519_111658[1]

長期欠品確実の大人気ハンドル。 アルミモデル400mmの店頭在庫があり、カーボンタイプもまだ取り寄せできます。いかがでしょうか?

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【メカニック】腕が鳴る修理 ”ヘッド周りから異音”

P_20150518_152456

「ハンドルに体重をかけると軋む」ということで、異音が今回のご依頼。ヘッド周辺の異音の場合、確認していくべき順番というものがあります。一番初めに疑うべきはクイックリリース。一瞬で解決ということがしばしばありえます。

P_20150518_160417

今回の原因は、ステムのフォーククランプ部分でした。一本締めの少し特殊な構造をしており、通常よりもアソビが多く、軋みが発生しやすいのだと思います。ネジがチタン製なのも関係していそうです。フォークとネジにグリスを塗布すると異音が消失しました。

ヘッド周辺から音がするからと、いきなりベアリングから入るのはよくありません。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】ROVAL RAPIDE CLX 40の場合

IMG_5717[1]

ROVALのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_5719[1]

40mmハイトのクリンチャーモデルです。

IMG_5721[1]

セラミックスピード製のベアリングを入れたDT SWISSハブ。手で回すともの凄く滑らかでした。フロントはカーボンボディですね。

IMG_5718[1]

リアのスポークは、ドライブ側のスポーク数が2倍のいわゆる2to1。反ドライブ側はラジアル組。理論上は、反対意見もある組み方ですが、実際には多くのハイエンドホイールに採用されています。

IMG_5720[1]

前後とも13.5gほどウエイトを貼りつけました。0.05g以下の精度でバランスを取れるため、仮に80km/hで走ろうとブレは出ません。

ホイールバランスを取ることにより、”巡航速度が上がる””路面とのトラクションが高まる””乗り心地が良くなる”といった効果が期待できます。施工前後で、十分体感できるほど良くなります。前後3,000円で受け付けています。20~30分で終わります。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MTBのフロントクランクシングル化

IMG_5710[1]

フロント変速を行わないということで、シングル化のご依頼。

IMG_5712[1]

SUGINOのクランクとチェーンリングを用意しました。チェーンリングは、Messanger(メッセンジャー)というモデルの3/32”(薄歯)用。エアロ形状。

IMG_5713[1]

クランク抜きで圧出。新しいクランクに交換します。

IMG_5714[1]

チェーン脱落防止用に保険でFDは残したまま。誤作動で変速しないように、ワイヤー類のみ取り外しました。目的通りスッキリと仕上がりましたね。

IMG_5715[1]

仮に46Tを取りつけたとするとチェーンステーに干渉しそうです。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』

IMG_5364[1]

MAVICのホイールに標準装備されているベアリングは、回転が重く、ゴリゴリ感を感じることがあります。そこで、ベアリングを交換するというカスタムがオススメ。非接触ベアリングに入れ替えます。

IMG_5646[1]IMG_5645[1]

左が元のベアリング、右が非接触ベアリング。

IMG_5647[1]
※断面図

非接触型は、シールが内輪と外輪に接触していません。その分、構造的にゴミなどが入りやすくはなりますが、メンテナンス頻度が極端に増えるということはありません。この接触抵抗は思いのほか大きく、非接触ベアリングに交換することで、劇的な回転の軽さと滑らかさが得られます。

IMG_5369[1]

まずハブを分解、その後、ベアリングプーラーでベアリングを抜き取ります。

IMG_5365[1]

フリーハブ側はこのようになります。

IMG_5367[1]

そして、フリーハブのベアリングと、

IMG_5370[1]

ハブ本体のベアリングを圧入します。作業内容に難しさはありませんが、高価な専用工具と構造に関する知識が必要です。

前輪2,000円+ベアリング代、後輪3,000円+ベアリング代で承ります。非接触ベアリングはそれほど高くありません。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【メカニック】腕が鳴る修理 ”ヘッド周りから異音”

IMG_5355[1]

RDの不調と並び我々を悩ます修理 ”異音”。体重をかけた状態で、ハンドルを切るとバキバキと音が鳴ります。

IMG_5358[1]

内部を確認してみます。ベアリングの上に取り付けられていたワッシャー。これを触ると似たような音がしました。

IMG_5359[1]

汚れや水でグリスはドロドロ。粘性も失われていました。洗浄グリスアップします。

IMG_5360[1]

IMG_5361[1]

虫喰い、錆びはありませんでした。

IMG_5363[1]

洗浄の後はしっかりグリスアップ

 IMG_5354[1]

異音は完全になくなりました。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る