カテゴリー別アーカイブ: 非接触・セラミックベアリング化

RIDEA ビッグプーリーの詳細

走輪一押しの「RIDEA ビッグプーリー」

そのリデアからビッグプーリーの新しいモデル、上下16TのX66とC66、上下18TのC88がリリースされることは前回のブログで書きました。

【新商品】 RIDEA ビッグプーリー が大大大注目の究極進化 !!

ここでは価格や詳しい仕様などその詳細をお知らせします。
まだ店頭には在庫しておりませんが、近日入荷予定です。

ridea_big_pully

まずプーリーケージは大きく4ラインナップあります。
・T35:Upper(上)13T/Lower(下)15Tのビッグプーリー用ディレーラーケージ、CNCアロイ素材 ¥12800
・X66:Upper(上)16T/Lower(下)16Tのビッグプーリー用ディレーラーケージ、CNCアロイ素材 ¥15000
・C66:Upper(上)16T/Lower(下)16Tのビッグプーリー用ディレーラーケージ、カーボン素材 ¥17600
・C88:Upper(上)18T/Lower(下)18Tのビッグプーリー用ディレーラーケージ、カーボン素材 ¥19400

上の4ラインナップにそれぞれRD1~RD4の4つの仕様(適応ディレーラー)があります。
シマノ105でも使えるようになった他、スラム、カンパにも対応します。
・RD1 Shimano
DuraAce 7900/9000/9070
Ultegra 6700/6800/6870

・RD2 Shimano
105 5700/5800
Tiagra 4600/4700

・RD3 SRAM
Red
Force
Rival

・RD4 Campagnolo
SuperRecord
Record
Chorus
Atena

ケージとプーリーは別売りでプーリーのベアリングはスチール、セラミック、フルセラミックと3種類から選べます。
16T、18Tはセラミックかフルセラミックのみとなります。
プーリーの価格は¥2600~¥10000。丁数とベアリングによって変わります。
ridea_bearing
RIDEAフルセラミックベアリングはグリスを必要としないオイルフリー、メンテナンスはエアガンでゴミを飛ばすだけとなっています。

 

リアディレーラーケージはスプロケットの丁数、フレーム構造、ディレーラー、チェーン長やテンション等の組み合わせによりケージやプーリーがフレームやスプロケットに干渉し、問題が発生する場合があります。
シマノの場合20%程、カンパの場合40%程が対策が必要になるとのことです。
対策は「RIDEAリアディレーラーハンガーリンク」で行います。

ridea_rdhl

RDHL22 ¥2980
RHL20 ¥4700

価格は全て税抜です。
当店の取付工賃は¥2000~¥4000(税込)

リアディレーラーハンガーリンク等の対策品も一緒にリリースしたことから、しっかり開発したように伺えます。
大杉も実際使ってみようと思います。またインプレしますね。

 

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ガラスの鎧】ホイールへの施工もありです。

P_20160604_113102[1]

2台ガラスの鎧を施工しました。詳しくは以下のエントリーをご覧ください。

【ガラスコーティング】フレームに”鎧”を纏う

P_20160602_182753[1]

今回はホイールもご要望がありました。リムにもギアのオイルが飛び散り黒く汚れますが、それが簡単に取れるようになります。フレームへの施工が基本となりますが、金属、カーボン部分であればどこへでもコーティングさせることができます。

P_20160602_182817[1] P_20160602_182809[1]

ブレーキ面にマスキングを施し、ガラスの鎧を塗り込んでいきます。

P_20160531_162042[1]

同時に、MAVICホイールのベアリングを非接触化。前輪と後輪の反フリー側の計3つのベアリングを交換。型番は”6901”。フリーボディのベアリングは”608-9”という内径の1mm大きい特殊規格。非接触化はできません。TNIのセラミックベアリングなら、この”608-9”があり、しかも1つ2,160円と、抜群にお手頃で非接触化よりも更にオススメです。

P_20160604_113118[1]

さらに輝きを放つフレーム塗装。やるなら早めに!!お待ちしています(^ω^)

■フレーム
→ガラスの鎧or甲冑 5,000円/Wコート 8,000円
■新車完成車 or ホイール※ブレーキ面をマスキングして施工
→ガラスの鎧or甲冑 6,000円/Wコート 10,000円
■中古完成車※汚れを除去した後に施工(状態によっては難しい場合もあり)
→ガラスの鎧or甲冑 10,000円/Wコート 15,000円

松木

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

LOOK 586をオーバーホールしました

先日、お客様よりオーバーホールのご依頼を受けました。

一見すると、オーバーホールの必要がないほどピカピカの状態でしたが、何年もオーバーホールしていないとのこと…

P_20151211_113212

P_20151211_130343

普段、手の届かない部分には、かなりの汚れが溜まってしまっていました。これでは摩耗パワーロスにつながってしまいます。

P_20151211_115759

綺麗に取り除き、コンプレッサーで完全に除去しました。

P_20151211_111203

また、左BBのベアリング完全に死んでおり、歯車を回しているような状態でした。圧入されている状態とは違い、外した後にベアリングを触ってみるとスルスル動きます。ちょっとした傷や摩耗が、圧入時には大きな抵抗を生むということです。

P_20151211_111223

コスパと回転の良い非接触型6805番。マビックホイールの打ち替えによく使用するベアリングです。この外側にゴムシールが付き、さらにグリスアップもしておけば、シール性には問題ありません。

あとは、ワイヤーも必要に応じて交換しました。

P_20151212_110342

チェーンの洗浄、注油後に欠かせないのがパウダー潤滑剤。このように私ならではのチューンも所々させてもらっています。新車よりも良い状態を目指して工夫している次第です。

オーバーホールの工賃ですが、当店他店購入にかかわらず、基本料金10,000~15,000円程度です。そこから交換したほうがいいパーツをご提案します。

納期は3日~7日ほどで随時承っています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

クイックを締めると回らない?KSYRIUM ELITEの非接触ベアリング化

P_20150616_122221[1]

「後輪がクイックリリースを締めると、回転が重くなる」ということで、KSYRIUM ELITE非接触ベアリング化のご依頼です。

P_20150616_122321[1]

クイックリリースがスピードマグネットの受信機となっています。面白い発想ですね。

P_20150616_123343[1]

作業開始。前輪のベアリング6001(28×12)

P_20150616_134911[1]

ドライブ側フリーハブには608(22×8)反ドライブ側6903(30×17)。後輪に関しては、このサイズの組み合わせが一般的なようです。

P_20150616_150946[1]

後輪のパーツ達。失くさないように要注意です!!

 作業後の動画。触れ取り台でクイックを締めた状態です。構造的な問題点も解消し、回転の重さはすっかりなくなりました。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MAVICホイールから爆音!!??

P_20150616_175113[1]

 峠を下っている時、脚を止めると爆音がするということでお預かりしました。かなり初期のKSYRIUM SLです。

P_20150616_183045[1]

爆音の発生源はフリーハブです。かなり長いことノーメンテナンスだったようで、グリスがカサカサ、真っ黒になっています。こうなると、「ラチェットの爪」もしくは「ゴムシールのフラップ」から爆音が鳴ります。部品が壊れたとかではないので、洗浄&グリスアップで直ります。

P_20150616_191537[1]

同時に非接触ベアリング化。ドライブ側とフリーハブには608(22×8)、反ドライブ側は6903(30×17)MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』について、詳しくはこちら

P_20150616_175336[1]

続いて前輪。サビが回ってしまっていました。

P_20150616_180011[1]

P_20150616_181212[1]

 なるべくサビを除去した後、非接触ベアリングに打ち替えます。サイズは6901(24×12)

P_20150616_194050[1]

元が元なだけに見違える回転力となりました。爆音は、ハブのメンテナンスを求める悲鳴だったのですね。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

KSYRIUM SLとR-SYSの非接触ベアリング化

P_20150519_190618[1]

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』について、詳しくはこちら

P_20150519_171359[1]

「後輪2本をOHしたい」 ということでご依頼を受けしました。ただ、元の状態がそこまで悪いとは思えず、非接触ベアリングをオススメいたしました。

P_20150519_182456[1]

まずはハブをばらします。右上の小さいワッシャーとフリーボディの爪は失くしやすいので要注意!!

P_20150519_182523[1]

P_20150519_184634[1]

プーラーでベアリングを抜きます。

P_20150519_184641[1]

R-SYSのドライブ側フリーハブには608(22mm×8mm)反ドライブ側6901(24×12)。モデルによっては、ドライブ側とフリーハブのベアリングに22×9という特殊なベアリングが使用されている場合があり、一部非接触化できないこともあります。ただ、セラミックベアリング化はできます。

P_20150519_191157[1]

代わりに非接触ベアリングを圧入していきます。

P_20150519_191921[1]

P_20150519_205129[1]

元の状態よりもかなり滑らかに回転するようになりました。

P_20150519_210346[1]

同時にもう一本。KSYRIUM SL。ドライブ側とフリーハブには608(22×8)、反ドライブ側は6903(30×17)

 抵抗の少なさがよく分かりますね。1万程度でできるカスタムとして非常にオススメです。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

MAVICホイール、ハブベアリングの『非接触ベアリング化』

IMG_5364[1]

MAVICのホイールに標準装備されているベアリングは、回転が重く、ゴリゴリ感を感じることがあります。そこで、ベアリングを交換するというカスタムがオススメ。非接触ベアリングに入れ替えます。

IMG_5646[1]IMG_5645[1]

左が元のベアリング、右が非接触ベアリング。

IMG_5647[1]
※断面図

非接触型は、シールが内輪と外輪に接触していません。その分、構造的にゴミなどが入りやすくはなりますが、メンテナンス頻度が極端に増えるということはありません。この接触抵抗は思いのほか大きく、非接触ベアリングに交換することで、劇的な回転の軽さと滑らかさが得られます。

IMG_5369[1]

まずハブを分解、その後、ベアリングプーラーでベアリングを抜き取ります。

IMG_5365[1]

フリーハブ側はこのようになります。

IMG_5367[1]

そして、フリーハブのベアリングと、

IMG_5370[1]

ハブ本体のベアリングを圧入します。作業内容に難しさはありませんが、高価な専用工具と構造に関する知識が必要です。

前輪2,000円+ベアリング代、後輪3,000円+ベアリング代で承ります。非接触ベアリングはそれほど高くありません。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る