カテゴリー別アーカイブ: ホイールバランサー

EASTON EC90 AERO55 大特価!!

 大杉走輪お買い得ホイール!!

EASTON EC90 AERO55 チューブラー

 THE 決勝用レーシング勝負ホイール

マットな質感のカッコイィ ホイールです!

リムハイト55mm リム幅は28mm(:″*゜;)おや?
ブレーキ面は少しザラっと加工してます。

フロントはスポーク16本のラジアル組。
リアのスポークは20本。
ハブはハイローフランジで
DSが2クロス、NDSが1クロス。

EASTON EC90 AERO55はベアリングがちがいます!┗(`・ω・´)┛フンヌッ


上ハブがEASTON EC90 AERO55ホイールのハブ。

〇ハブの使用がイーストンオリジナルのECHO

この見た目で前後セットの平均重量:1330g

今なら定価販売から
現金25%オフ
カード20%オフです( ゜Д゜;)!

フロント¥145,
800が現金25%オフで¥109,350

 リア ¥167,400が現金25%オフで¥125,550です!

万能40mm弱EC90 SLではなく、攻めの55mm!ディープの特製を活かしたいのならば50mm以上!
早い者勝ちです!


スタッフ高瀬

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

走輪オンラインショップ:http://sorin-online.com/

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪

定休日:水曜 営業時間:11:30~20:00
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

 

LINEで送る

【ホイールバランサー】PROFILE DESIGN TWENTYFOURの場合

P_20160614_111752[1]

プロファイルデザインのカーボンクリンチャー”TWENTYFOUR”ホイールバランスを取りました。

P_20160614_122455[1]

バランスを取る前に点検。ホイールバランスは0.05gの精度で行いますので、ゴミや汚れを取ってから施工し始めます。

P_20160614_115756[1]

58mmハイトの前輪。7.5gのウエイトを貼り付けました。

P_20160614_115814[1]

続いては78mmの後輪。マグネットは通常、バルブの反対側に付けますが、

P_20160614_120133[1]

ホイールバランスを考えた最適な位置は、上の写真の場所。バルブ付近にマグネットを付けるべきホイールもあります。

P_20160614_122142[1]

3.1gのウエイトを貼り付けました。優秀ですね~。

 

片輪だけなら¥1,600、前後同時なら少しお得な¥3,000で施工いたします。「時速〇〇km/hアップ」といったオーバーなことは言いませんが、体感できるほどの滑らかさの違いはあるので、やったほうが速いのは間違いありません。

松木

ホームページ:http://sorin.jp.net/
Facebook:https://www.facebook.com/sorin.jp.net

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】ZIPP 303の場合

P_20151115_132814[1]

ZIPP 303のホイールバランスを取りました。

P_20151115_132830[1]

リム幅28mmのFIRECREST(ファイアークレスト)ではない旧モデルです。

P_20151115_132838[1]

ハブも現行品と異なります。

77177

現行品は、新設計の77177ハブというものが組み付けられています。数字は重量でしょうか?

P_20151115_134434[1]

前輪には、バランスウエイトを17.3g。少なく見えるのは、見た目上の問題で重ね張りしているからです。

P_20151115_134442[1]

後輪には13.2g貼りつけました。後輪に関して、ハブにかなりのガタがありましたので、玉当たりに必要な壊れたネジをどうにか緩め、玉当たり調整をして新しいネジに入れ替えました。バランサーと玉当たりで、走行中の振動がかなり軽減されると思います。

 

前後3,000円(片輪1,600円)で受け付けています。30分程度で施工できます。ホイールのウエイトバランスを取ることにより、高速巡行速度が上がる乗り心地が良くなる路面のブリップ力が上がる、など様々な効果が期待できます。ディープリムほど効果が高いです。ぜひお試しください。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】WH-RS21の場合

P_20150608_160023[1]

シマノのWH-RS21ホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら。前後3,000円(片輪1,600円)で受け付けています。30分程度で施工できます。

P_20150608_160112[1]

シマノの中で下から2番目のグレードです。にも関らず、ハブやスポークの形状は最上位ホイールとほぼ同じ。平地の伸びは持っていそうなホイールですね。

P_20150608_160036[1]

面白いのは、これがローラー台用に使っているホイールだということです。タイヤもコンチネンタルの”HOMETRAINER”。外履き不可のタイヤです。

P_20150608_161425[1]

バランスウエイトは、バルブ近くに1.8gを貼りつけました。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】ROVAL RAPIDE CLX 40の場合

IMG_5717[1]

ROVALのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_5719[1]

40mmハイトのクリンチャーモデルです。

IMG_5721[1]

セラミックスピード製のベアリングを入れたDT SWISSハブ。手で回すともの凄く滑らかでした。フロントはカーボンボディですね。

IMG_5718[1]

リアのスポークは、ドライブ側のスポーク数が2倍のいわゆる2to1。反ドライブ側はラジアル組。理論上は、反対意見もある組み方ですが、実際には多くのハイエンドホイールに採用されています。

IMG_5720[1]

前後とも13.5gほどウエイトを貼りつけました。0.05g以下の精度でバランスを取れるため、仮に80km/hで走ろうとブレは出ません。

ホイールバランスを取ることにより、”巡航速度が上がる””路面とのトラクションが高まる””乗り心地が良くなる”といった効果が期待できます。施工前後で、十分体感できるほど良くなります。前後3,000円で受け付けています。20~30分で終わります。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】SHAMAL MILLEの場合

IMG_4982[1]

シャマルミレのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4985[1]

ブレーキ面にプラズマ電解処理プロセス(PEO)と呼ばれる特殊な加工が施され、耐久性、制動力が向上。見た目も引き締まります。注意点として、付属する専用の青色のブレーキシューしか使ってはいけません。

IMG_4987[1]

デローサのオリジナルシールが貼られていました。完全にプロの仕事です…

IMG_4988[1] IMG_4993[1]

貼り付けたウエイトは前後とも1g台。カンパ、フルクラムのアルミ上位機種のホイールバランスの良さは相変わらず素晴らしいですね。ただ、ズレが1gだったとしても、手で回して分かるほどブレが生じるので、バランサー価値は十分あります。

 

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】新旧AEOLUSの場合

IMG_4568

ボントレガーアイオロス(新)のバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4575[1]

前後輪とも10g以上ウエイトを貼りつけました。ウエイトが大きい場合は、2枚重ねで貼りつけるのがいいですね。その方がピンポイントで貼りつけることができますし、見た目もうるさくなりません。3枚重ねは厚みが出すぎるので、やりません。

IMG_4571

カーボンボディ+セラミックベアリングのハブが使用されています。

 

IMG_4700

続いて、ボントレガーアイオロス(旧)

IMG_4730[1]

新旧の違いを紙に書きました。旧型は低めのリムに薄いカウルが付いた構造新型は中に隔たりはありません

IMG_4701

前輪は7.5g

IMG_4704

IMG_4705

サイコンマグネットでバランスを補正。それでも、後輪は13.4gのウエイトを貼りつけました。後輪のみ2枚重ねで貼りつけています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 Lightweight Discの知られざる内部

IMG_4525

ライトウエイトディスクのバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4533

さすが王様ハブはもの凄く滑らか!!

IMG_4532

淵の造形も素晴らしいです。

IMG_4530

角が立っています。『太いタイヤを接着して走行⇒この角がフンドシを削り破ってパンク』はよくある話。

IMG_4523

本邦初公開!?ルブ穴より内部を撮影しました。鉄製のハブを、カーボンでしっかり保持しています。

IMG_4537

作業を始めます。まずはContinental Competitionを貼り付けしますが……、

IMG_4535 IMG_4536

嵌めるのが、もの凄く大変。

IMG_4539

バランス自体はすぐ取れました。基準ウエイトを使えないだけで、もちろんディスクホイールでもバランスは取れます

IMG_4540IMG_4541

7.6gをウエイトを、左右に半分ずつ貼り付けました。ディスクホイールには角を丸く切ったほうが、見た目良く仕上がりますね。

IMG_4542

60km/h以上出してもブレ一つありません!!!

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 COSMIC CARBON SRの場合

IMG_4563[1]

コスミックカーボンSRのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4567[1]

今はULTIMATEだけになってしまったカーボン扁平スポークです。乗り心地が良くて名作だったのに、何故なくなったのでしょう?

IMG_4564[1]

前輪。まずは恒例のマグネット補正から。バルブの反対に取り付けてありましたが、実際はバルブ付近が最適な位置でした

IMG_4565[1]

1.9gのバランスウエイトを貼り付けました。マグネットでうまくバランスを取れた結果ですね。

IMG_4566[1]

後輪は5.4g。ディープリムにしては、前後ともかなり優秀でした。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 CORIMA 3 SPOKE 2D HMの場合

IMG_4512[1]

コリマ 3スポークバトンのホイールバランスを取りました。アタリを付けるための基準ウエイトが使えないだけで、バトンホイールであろうと、基本的にやることは同じです。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

『2D』というのは、カーボンの編み構造のこと、『HM』はハイモジュラスカーボンの略。公表重量665gと、かな~り軽量に仕上がっています。

IMG_4513[1]

CORIMAはフラのメーカー。カーボンの歴史が長く、チューブレス対応のフルカーボンホイールを初めて作ったのもCORIMAでした。

IMG_4516[1]

流線型のバトンにスピードセンサー用のマグネットが内蔵されています。

IMG_4515[1]

驚いたのが、このセラミックベアリング。恐ろしいほど軽く、滑らかに回ります。

IMG_4518[1]

10.5gのバランスウエイトを貼り付けました。これで最強の回転体と成りました。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 Campagnolo ZONDAの場合

IMG_4155

カンパニョーロゾンダのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4158

前輪に5.3g。カンパホイールにしては、必要なウエイトが多め。モデルにより差があるようです。

ウエイトを貼り付けたのはバルブの根本。「バルブ付近が最も重いはず」と思い込み、ホイールバランスを考慮して、バルブの対角にサイコンマグネットを取り付ける方がほとんどだと思いますが、それは間違っている場合もあるということです。バランスをもっと悪くしている可能性があります。

IMG_4159

後輪には1.9g。後輪はサイコンマグネットでバランスを取った後に施工しているので、前後ともホイールバランスは同じぐらいです。

IMG_4156

自家塗装のワンポイントが良いですね。

IMG_4157

このホイールにはSOYOのラテックスチューブ(別名パスタ)が入っています。取り扱いには何かと注意が必要なチューブですが、その軽さ、乗り心地は本物です。

ホイールバランサー、1本1,600円、前後同時で3,000円で随時受け付けています。お試しあれ。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 PRO RC-50の場合

IMG_4133

PRO RC-50のホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_4135

前輪に20.5g、後輪に11g程のウエイトを貼り付けました。前輪は今までで最大。後輪のほうが随分と少なく済んでいますが、マグネットでいくらか緩和されています。

IMG_4134

ULTEGRAハブにSAPIMの首折れエアロスポーク。手組ではなく、これが標準仕様です。

IMG_4136

3T ZEFIRO PROドロップハンドル。独特の形状のショートDHバーが付いており、ショートトライアスロンなどに重宝しそうです。残念ながら、現在は廃盤となっています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

black inc 『THE BLACK FIFTY C』を取り付けました

IMG_3998

black inc(ブラックインク)のカーボンクリンチャーホイール 『THE BLACK FIFTY C』を取り付けました。発売してまだ1ヶ月余りで、取り付けは日本初かも。詳しくはこちら。使用感はこちら

IMG_3963 IMG_3972

チューブはSOYOのラテックスチューブ、深谷産業さんオリジナル60mmロングバルブ。私の押しチューブ!!

IMG_3966

タイヤはVELOFLEX(ヴェロフレックス)のCORSA(コルサ)25c

IMG_3985

リム幅が26mmなので、タイヤに空気を入れるとほぼツライチになります。空気抵抗はもちろん、タイヤの”よじれ”が減ってコーナーでの安定感が増します。

IMG_3986

リムの質感は、完全なマットではない半分マットな感じ。

IMG_3990

ホイールバランサーも施工。

IMG_3991 IMG_3996

前輪16g、後輪11gほどウエイトを貼り付けました。ロゴが隠れないように形を少し工夫。

IMG_3993

スプロケットを洗浄し、

IMG_4006

取付完了。リム幅が元のホイールより6mm広かったので、ブレーキワイヤーが足りずに要交換。消耗品なので丁度良い機械だったかもしれません。

IMG_3998

「THE BLACK FIFTY C」
税込¥213,840¥181,764(15%オフ)

気になることがあればお問い合わせください。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 REYNOLDS STRIKEの場合

IMG_3819

REYNOLDS STRIKEにホイールバランサーを施工しました。詳しくはこちら

IMG_3821

リムハイトが高く、手で回すだけで上下にグワァングワァン。バランスの取り甲斐があります。

IMG_3823

前後とも12gほど貼りました。

IMG_3820

フロントハブのフランジ幅が広い!! 面白い形のハブです。

IMG_3822

リアのフリー側がタンジェント組、反フリー側がラジアル組。BONTRAGERAEOLUSも同じスポークパターンですが、手組みホイールだと、反フリー側をラジアル組にするとテンションが上がらず、あまり良くありません。完組ホイールだからほぼ問題にならない組み方です。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 ZIPP 303の場合

IMG_3791[1]

ZIPP 303にホイールバランサーを施工しました。詳しくはこちら

施工前にはなるべく走行時に近い状態になるよう、空気圧を7気圧まで上げています。

IMG_3792[1]

前輪10.0g

IMG_3794[1]

後輪10.8gFFWDほどではありませんが、ZIPPもホイールバランスがかなり悪く、施工し甲斐があります。リムハイトがあると、おそらくもっと貼るのでしょう。

IMG_3796[1]

後輪のスポークパターンに注目。

IMG_3511[1]

KSYRIUM SLと同じですね。左右のスポークテンションを均一にするのが狙いの組み方。

ホイールバランサー、1本1,600円、前後同時で3,000円で随時受け付けています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 MAVIC KSYRIUM SLの場合

IMG_3512[1]

MAVIC KSYRIUM SLにホイールバランサーを施工しました。詳しくはこちら

IMG_3509[1]

前後ともバランスが非常に良かったのですが、サイコン用のマグネットを付けられていたため、3gほどウエイトを貼りました。

IMG_3507[1]

個人的にこのホイールのデザインはかなりツボです。走輪号のスポークを1本だけにしているのも、このホイールを参考にしました。

IMG_3511[1]

メカメカしいハブきし麺スポーク、カッコ良いと思いませんか?最近の落ち着いたデザインより、この頃のMAVICのほうが好きでした。

 

ホイールバランサー、1本1,600円、前後同時で3,000円で随時受け付けています。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】 FULCRUM RACING 3の場合

IMG_3481

FULCRUM RACING 3にホイールバランサーを施工しました。詳しくはこちら。1本1,600円、前後同時で3,000円で受け付けています。

IMG_3482

マグネットを最適な位置に移動させた後に施工開始。前輪には1.7gほど、

IMG_3483

後輪には4gほどウエイト(写真左上)を貼り付けました。FULCRUMにしては多め。上位グレードほどホイールバランスも良いように思います。

余談ですが、FULCRUM 7531ZEROの違いをご存知でしょうか?7に比べて5は、スポークがエアロかつハブフランジが大きいという特徴があります。そして、75がカートリッジベアリングなのに対し、3ZEROはカップ&コーンベアリングで、より滑らかに回転する構造となっています。また、3ZEROは3本まとまったスポークパターン。1は今年ラインナップからなくなり、そして、ZEROはスポークが極太のアルミ製、ハブもカーボンボディにセラミックベアリングと、最上位ホイールにふさわしいスペックとなっています。リムも上位グレードほど軽くなります。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】R-SYS SLRの場合

IMG_3372

R-SYS SLRのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_3373

前輪にはおよそ3g。バルブ付近や、その対角上ではなく、その中間にバランスウエイト貼り付けました。MAVIC特有の肉抜き加工が関係しているのでしょうか?

IMG_3374

後輪には5g。こちらも同じような位置です。ちなみにこの車体、当ブログ2度目のご登場。

IMG_3375

話が少し逸れますが、パイオニアペダリングモニターが装着されていました。BBマグネットリングが初期モデルの特徴です。

IMG_3106

新型のペダリングモニターのマグネットはパッチ式。構造上の新旧最大の違いはここです。

(ホイールバランサーの作業は、1本あたり20分程度で終わります。作業中でなければ、お持ち込みいただいてすぐに施工いたします。工賃は、1本1600円、前後セット3000円です。気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。)

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】FFWD F5Rの場合

IMG_3222[1]

FFWD(ファーストフォワード) F5Rのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

F5Rは特化型ではなく、伸びる、軽い、登れる、お手頃、とかなり高バランス型のホイールです。ディープリムなのにヒルクライムレースでも時々見かけます。ただ、ホイールバランスが極端に悪く、少し回しただけで、激しく上下に暴れ回ります。これはやりがいがありそう。

IMG_3223[1]

サイコンマグネットを最適なスポークへ移してから作業開始。前輪にはウエイトを14.4g貼り付けました。

少し右の辺りに元々ウエイト貼り付けてありました。量ってみると16.6g。バランサー工具なしでは、場所も重さも厳密に決めることはできません。たった2gでも、回せば上下に揺れてしまいます。

後輪にはウエイトを23g貼り付けました。致命的…。多くの有名メーカーのリムは、バランスを考慮してバルブの反対側を重たくしているのに対して、このリムはおそらくバルブ穴の辺りが一番重たくなっており、さらにバルブによって大きく重心がずれていると思われます。

1本あたり20分程度で終わります。作業中でなければ、お持ち込みいただいてすぐに施工いたします。工賃は、1本1600円、前後セット3000円です。気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る

【ホイールバランサー】WH-RS81-C35-CLの場合

IMG_3095

WH-RS81-C35-CLのホイールバランスを取りました。ホイールバランサーに関して詳しくはこちら

IMG_3096

バルブの反対側の部分が、微妙に盛り上がっています。これがウエイトバランスを取るための工夫なのかは分かりませんが、RS81は明らかにこの辺りが重たくなるように作られています。さすがと言いたいところですが、重たくし過ぎだと思います。

IMG_3100

長めのバルブのチューブにし、マグネットもバルブ側の最適な位置に付けたにもかかわらず、バルブの根元に3g以上もウエイトを貼りました。

IMG_3099

SHIMANOのホイールで、ULTEGRAグレードのWH-6800、今回のRS81、DURA-ACEグレードのWH-9000の違いを聞かれることがよくあります。WH-6800RS81はリム、ハブ、スポーク、組み方、すべて違っていてまったくの別物と考えていいですが、RS81WH-9000はハブ以外同じです。WH-9000のハブには一部チタンが使われて軽く、またベアリング部分もより滑らかになるように作られています。ただ、WH-9000RS81の2倍近い価格ですし、RS81のハブもなかなかいいです。結論として、RS81はオススメできます。

松木

ロードバイク、トライアスロンバイクはお任せ!
スポーツバイク&ランニングアイテム専門店 大杉走輪
大阪市西区南堀江3-9-18
電話番号 06-6626-9929

LINEで送る